What’s Land Banking ?
ランドバンキングとは通常土地の所有権を取得できない外国人が土地を有効活用する方法としてアメリカで生まれた手法で、細かな部分はそれぞれの事業主体(ランドバンキング会社)によって異なるものの、一般的な開発手法は以下のようなものである。ランドバンキング会社は、将来(4年~10年)先に開発需要が見込まれる土地(Raw Land)を選び出し、非常に低廉な価格で大規模に買収する。その後、投資家が投資できる程度に小口化して販売し、土地の取得費用と開発に向けての事務コストを回収する。投資家は売却までの期間は何も行わず、ランドバンキング会社に管理・運営を任せることとなる。投資家への販売後、ランドバンキング会社は豊富なノウハウ・経験に基づいて都市開発のプランニングを行い、行政(市・郡・州など)と共に「更地から商業地や宅地リゾート用地など開発可能な土地への目的に合わせた地目変更」を済ませていく。プランニングを済ませた後は、自社で開発を進めていく場合と開発会社などに売却する場合などさまざまである。大部分は完成前の段階で売却して投資家に利益を分配する方法をとっている。

 

未開発不動産への投資ではあるが更地をプランニングしていく投資方法なので元本割れのリスクは少ない。

 
短期的な株価や経済指標にはほとんど影響されない。
 

満期が定められていないので、ランドバンキング会社はマーケット環境を見て開発会社(デベロッパー)に売却することが出来る。そのため投資家に不利となる環境下で満期を迎えることはないと言われている。

 

開発会社の行うランドバンキングは土地の価値を上げることができるので、非常にメリットが高い。

「不動産投資」はタイミングが非常に重要

  
「ロンボク島」が大注目される理由

 
 

インドネシア政府は西ヌサトゥンガラ州ロンボク島経済特区マンダリカでの開発を加速させ。2020年に投資額は726兆ルピアに達し、5万8千人の雇用が生まれる見込み。マンダリカは、16年に政府が進める観光開発の優先地域に指定された10地域のうちの一つ。広さは約1175ヘクタールで、開発事業はバリ島のヌサドゥアを開発してことで有名なインドネシア観光開発公社(ITDC)が担当している。バリに次ぐ観光地として、ホテルやコンベンションセンターの建設、浄水整備など、観光とインフラ開発を一気に進めている発展著しい島となっています。

 
 

マンダリカでの開発の中で現実的となったMOTO GPの開催。街の中にサーキット道路を整備しており、開催されれば多くの観光客が見込めます。空港や道路などのインフラも整備され、大手ホテルチェーンの参入が近年増え続けています。特にギリアイランドは非常に人気が高く1日で3000人以上の観光客がこの島で過ごしています。そのような観光ポテンシャルのある地域が点在しており、まだまだ開発の余地がたくさんあります。

将来的な投資効果シミュレーション

 
画像をクリックすると動画がご覧頂けます
マンダリカ Kuta
9,900㎡ ビーチフロント
マンダリカ Kuta
4,200㎡ ビーチフロント
マンダリカ Kuta
5,300㎡ 高級ヴィラ
Serangan beach
4,000㎡ ビーチフロント
Gili Nusa
6,000㎡ オーシャンビュー
Tampah beach
13,000㎡ ビーチフロント
 

Branding of tenant buildings


弊社の展開するテナントビルは企業のイメージアップになり、
地域での優位性・ブランド・ステイタスなどのニーズを満たすテナントビルである。